--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月08日 (水) | Edit |
一般常識の勉強は難しい。
ヤマが張れない。

昔、介護保険の大きな改正があった時、出ると思ったら出なかった。
皆がやっている事は出さないのかな?

労働と社会では比較的社会が取りやすいといわれる。
それが私は良くわからなかったので区別しなかった。

労働各法と労働経済。
特に労働経済が苦手でした。
新聞を読むようにして、例えば現金給与総額が上がった、下がった等ぐらいしか出来なかった。
後は法律条文。
社会も同じ。
対応はIDEの法改正と一般常識の通信しかしていない。

最初、何で一般常識という科目を作ったのか と思ったが、今はなんとなく分かる。
労働市場がどうなっているのか、企業経営は・・・等。
全て労働者に直結する問題。
知らずして社労士の仕事は出来ない と思えるようになった。
そう考えると、勉強の仕方も考え方も変わるのではないだろうか?


昨年の問題も自信があった問題は数少なかった。
「たぶん」とか「これかな?」という程度。
毎年この科目は択一で5~6点位しか取れなかった。
だから本試験の結果は自分でもびっくりしている。

但し、IDEの集計でも選択4点台、択一7点台とあったので、問題が比較的安易だったのだろう。
それだけニアミスが響くのだが。

本試験結果 選択5,5 択一9(5,4)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。