--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月05日 (木) | Edit |
スランプ・・・・。

誰しも経験していると思う。
でも、私的には実力のある人が使うもので、ない人には使わない言葉と思う。
(そうでなければ、私は年中スランプだ!)

スランプに陥ったとき人それぞれだけど

①無我夢中で勉強する
②だらだらとテレビを観る
③酒を飲む (酒を飲んでも問題は解決しませんけど 飲んでしまう)
④気分転換をする (コーピング)
 等々

私はほとんど②と③だった。
①はなかったな~

人によっては「自分に負けている」とか「逃げている」と思われる人もいるだろうが、

私は 「逃げれるときは逃げるに限る」 と思っています。

戦う準備もなく戦わない。
そう言うときに「今は勉強しなければいけない ますます遅れる」 と考えても効率がいいと思わない。

「今は勉強しないほうが、後で私には良い結果を生む」 と考える。

こればアサーションの考えだ。

また、論理療法にABC理論というのがある。

Aは原因 Bは結果 Cは意思

A = Bではない。 原因が全ての結果と思いがちだが(○○が原因だから××せざるを得なかった)、AとBの間にはCがある。自分の意思である。
自分には好ましくない事だけど、仕方ない と。(選択して決断している)

A ― B
  ∥
  C

とまあ、そういう考えが心理学にある。(私は心理学の専門ではありませんが)
物事は考え次第、見方次第で大きく変わる。

スランプはストレスと同じだ。(人間必ずストレスは持って生きている)
けしてなくなるわけでない。ついて回る。
大きいか小さいか、長いか短いか の違いだけ。

だからスランプを恐れるのは止めよう、悩むのを止めよう。
どう行動するかを考えよう。その方が建設的だ。
勉強の遅れた分は、今の自分に出来る最善の事をやったほうが良い。
細切れ時間を使うとか、割り切るか、量より質を取る等等
大きな無理は生活習慣をを乱し良い結果は出ない。
今はまだピークの時でない。
マラソンと同じでペース配分を考えてください。(大きな焦りは禁物)

全ての人に当てはまるとは思わないし私の考えが全て正しいとも思いませんが、先ほどの論理療法の C を考えてみてはどうだろうか?

あなたしか出来ないことですから。

(言うのは簡単ですが、実行は中々難しいと思います。但し、苦しくても勉強できる環境に感謝しましょう)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。